最新技術で窓をリフォーム

注文住宅を売る営業マンの話

注文住宅は一生に一度の買い物であり、個人が買うものの中で一番高いものでもあります。このような高額な商品である注文住宅を買うからには、しっかりとした営業マンから買うべきです。どのような営業マンから買うべきかいくつか判定の基準となることをお教えします。・身だしなみ。

高額な商品を売る営業マンが、よれよれのスーツで汚い靴を履いていることはあり得ません。そういった営業は仕事面でもいい加減なことが多いので、気を付けましょう。逆にとても清潔感があり、しっかりとした身だしなみをしている営業マンは意識が高く、こちらの要望を満たしてくれるでしょう。・メモをとるかどうか。

注文住宅の建築のための打ち合わせでは、多くのことを決めていかなければなりません。床の色、コンセントの位置、お金の支払い方など、とても記憶できるような量ではないのです。ちゃんとした営業マンであれば、複写式の紙に打ち合わせのメモを毎回とります。そして打ち合わせの終わりには、こちらのサインを記入してもらい、お互いが保存するようにします。

こうすることで後で水掛け論になることを防ぐのです。メモを取らない営業マンは、出来てみたら話と全然違う家だったといったことになりかねません。・連絡がこまめかどうか。仕事や家事などがある人は、工事現場を毎日見ることはできません。

どのような進捗なのか、近隣の人への挨拶はいつ行けばいいのかなど、営業マンから教えてもらわないと把握できない状態になります。連絡をこまめにできる営業マンかどうか見極めなければなりません。以上のような注意点を実践できる営業マンから注文住宅は買うべきです。防寒の窓のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です