最新技術で窓をリフォーム

注文住宅の依頼から着工までの流れについて

完成している新築の一戸建てを購入するときや、中古の一戸建てを購入するときであれば契約を済ませてから、最短の場合では1か月ほどで入居が可能だと言えます。それと比較して注文住宅を購入するときには、住宅を建てる土地が更地の場合には打ち合わせの段階から始めることになりますので、入居は早くて半年、長い場合では1年ほどの期間がかかる場合があります。注文住宅の購入の場合には、どのような住宅を建てたいのかイメージをして、ハウスメーカーなどの担当者に相談しながら、住宅についてのプランを作成することになります。土地を所有してない人のときには、希望のエリアに条件に見合った土地があるかどうかから始めます。

土地を見つけることができれば、土地取得のための費用や本体工事費、付帯工事費など注文住宅の建設に関して必要になってくる費用を計算して資金計画を立てなければなりません。ハウスメーカーに見積書を作成してもらって、適正な価格を計算する必要があります。注文住宅のイメージが固まって、資金計画ができあがると、現実的に住宅を建ててもらうハウスメーカーの決定を行います。どこのメーカーに依頼するか決定したら、設計契約を結んで間取りを決めます。

間取りが決定したら、工事請負契約を締結します。工事請負契約を締結すると住宅を建てるための設計図書が作られて、工事の概要書や仕様書、構造図など、後にトラブルにならないように目を通しておくことが大切になります。建築確認申請が通ると、住宅ローンの本審査の手続きを行います。土地の整地が完了すれば、着工をはじめて建設工事が始まることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です