最新技術で窓をリフォーム

注文住宅の請負契約で確認するべきこと

注文住宅の購入を考えたときには、住宅を建てる依頼先としてハウスメーカーを選択する人も多いでしょう。ハウスメーカーでは請負契約が結ばれてから、注文住宅の仕様などに関して詳細な打ち合わせが行われることが多いですので、住宅購入の契約のときにはハウスメーカー側が提案する標準仕様に基づいて設定されていることが多くなります。ハウスメーカーの担当者と住宅についての打ち合わせを行っているうちに、住宅を建てる上での希望が膨らむことが考えられますので、契約した際の価格は最低限必要になってくる金額と考えておいたほうが良いでしょう。さらに、要望が増えたときには、標準仕様で設定されている住宅価格に上乗せされて料金が発生することになります。

ハウスメーカーの依頼をしたときには、正式な請負契約を締結する前に仮契約や申し込みの書面のやり取りを行って、その段階で50万円から200万円ほどの費用を支払います。請負契約では図面や仕様、契約上の約款、支払いの条件などの書面が渡されます。請負契約を締結したときには、どのような内容が含まれていて、または含まれていないのか確認しておくことが重要です。保証に関しては何年間のものが含まれているのか、トラブルが発生したときのアフターサービスはどのような内容になっているのかを確認しておくことも、注文住宅を依頼したときには重要になります。

モデルルームなどで展示している印象でイメージを膨らませ過ぎないことや、標準仕様以外の設定を希望したことでどの程度の価格が上乗せされるのか把握しておくことで、安心して建設の依頼ができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です