最新技術で窓をリフォーム

フローリング補修で気をつけたいこと

フローリングを大切に扱っているつもりでも、ついうっかりシミやへこみができてしまうこともあります。でもプロに頼むほどではないけれどちょっと気になるという時は、自分でフローリング補修の道具を買ってきて修理してしまいましょう。補修のための道具は安い物なら数百円程度の出費ですみますので、まずはそれで直すのが最善の策です。最近はこういう傷隠しのためのマニキュアやスティック系の補修材が市販されていて、ホームセンターや通販などで簡単に入手しやすくなっています。

いずれもこれまで補修したことがない方でも、簡単に扱えるように工夫されているので安心です。また少々目立つへこみや剥がれは、床と同じカラーのシールやシートを貼ってしまえばかなり目立たなくなるでしょう。さらに最近は、ワックスがけと傷隠しが一度にできるカラーワックスも販売されています。これは初めから色がついているので、補修してからワックスをかけ直すという面倒がいりません。

なるべく早くフローリング補修をすませたいのであれば、これで一気に作業を短縮してしまうということもできます。ただ初心者は、どんなフローリング補修材を使っていいかよくわからないということもあるはずです。そういう場合はいろんな補修材がセットになったキットもあるので、それを購入して自宅に常備しておくのもおすすめです。この補修キットがあれば、キズやシミをみつけたときにすぐに対処できて便利といえます。

ただしこれらの道具を使ってできるフローリング補修は、あくまで目立たなくするだけの応急処置です。本格的に直したい時は、専門の業者に依頼してフローリングの全面的な施工を依頼する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です