最新技術で窓をリフォーム

フローリング補修について

フローリングの床が一般的になってきましたが、フローリングは木でできているためとても傷つきやすく、物を落としたり、家具を引きずったりすると、気づかない間に傷ができてしまうことが多くあります。このような場合、フローリングを部分的に張り替えることも可能ですが、同じフローリング材がないことや、また同じフローリング材であっても色あせしているところに新品のフローリング材が入ることになるので色が合わなかったりして、全く同じ色に合わせることは非常に難しいです。そのため、フローリング材の表面層が剥がれてしまったときなどのどうしても張り替えが必要な場合を除き、フローリング補修した方が傷も目立ちにくく、費用も安くなるというメリットがあります。フローリング補修をプロに頼む場合の費用は、一か所いくらというような計算方法ではなく、1日いくらという計算になります。

技術があり、人気の職人さんであれば、1日5万円からというような職人さんもいます。安い場合でも数万円はかかりますので、職人さんに依頼する場合は、一度にまとめて何か所もお願いするのが良いと思います。そこまで費用をかけたくない場合や、1か所だけや小さい傷の場合には、ホームセンターなどで売っているフローリング補修材を使って自分で補修する方法もあります。これだと千円から数千円程度で補修することができます。

材質がワックスのものを利用すれば、深めの傷の場合でもちょっと溶かしてそれを傷口に埋め込み、乾いたら盛り上がった部分を削り平らにならすことで補修することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です