最新技術で窓をリフォーム

賃貸にもフロアコーティングを行った方が良い理由

新築住宅や中古住宅を購入した直後や、持ち家を大規模リフォームした際にフロアコーティングを行う人が増えています。大切なフローリングを、導入当時の美しさをそのまま保てるのは大きな魅力です。最近は分譲マンションでも、オプション説明会で導入を勧められることも多く、住宅購入の際には定番の施工となりつつあります。しかしフロアコーティングは持ち家だけにメリットをもたらすのではなく、賃貸物件にも施工をするメリットが多くあります。

賃貸にもフロアコーティングを行った方が良い理由として、借主の側から見るとまず第一のメリットが生活がより快適に送れるという点です。コーティングされたフローリングは耐水性や耐薬品性、引っかき傷に対する耐性などを持つため、日常生活でフローリングに対する傷みや汚れを心配する必要を大幅に減じることができます。さらに掃除もコーティング表面の汚れなどを落とすだけで済むようになるため、非常に便利です。そして第二のメリットとしてフロアコーティングを賃貸に勧められる理由が、退去時に余計な現状回復費用が生じにくいという点です。

フローリングにつけてしまった傷や汚れは不注意として借り主負担になることが多いので、退去時の原状回復工事で泣かされないためにも、その備えとして有効です。これらは借主側の賃貸でのフロアコーティングのメリットですが、もちろん貸主側にもメリットはあります。物件の価値が減じにくくなり、入居者も集まりやすいというリターンがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です